スタッフブログ

ご自分の家のどの場所で癒やしを感じますか?現代の日本人にとっての癒やされる場所といえば旅先の露天風呂だったり、薄暗い映画館や、おしゃれなカフェなどといった場所が癒やし空間の代表のように思われていますよね。もちろん、温泉施設は家族で旅行する楽しみであったりおいしい料理だったり本当に癒やされます。どの癒やし空間も忙しく働く現代日本人にとっての必要な場所です。ご自分の家の中はどうでしょう?これから家をリフォームする予定の方や新築される方にちょっと変わったインテリアをご紹介してみます。

お風呂で癒される

%e3%83%90%e3%82%b9
日本のお風呂といえば、浴槽があり洗い場があるという文化ですが西洋式のドライバス(湯船の中で身体を洗う欧米式入浴スタイル)で部屋の中にバスタブだけ置いてある なんていうのもおしゃれですよね。様々なお風呂でのリラックスタイムがあるかと思いますが、今回はお風呂でのインテリア術をご紹介します。

バスソルトや入浴剤を使ってみる

最近はよくプレゼントなどにも利用されるのがおしゃれな入浴剤などです。1つの入浴剤が1000円する高価なものから20回入れて350円くらいの入浴剤も販売されています。香りだけを楽しむのか、温泉効果や肌荒れに焦点を置いて購入するのか、または飾っておいてもおしゃれなものを選ぶかによって値段が様々です。

音楽やテレビなどを使ってみる

お風呂で聞けるBluetoothスピーカーやポータブルテレビがあるのをご存知ですか?最近では携帯端末をそのままケースに入れるタイプのスピーカーやデジタルフォトフレームでテレビ機能がありさらに防水されているのでお風呂でも見れるというのもあります。建築前からお風呂にテレビを設置している浴室もよくみられますが視覚からの癒やしも大切ですよね。ちなみにBluetoothスピーカーは1000円前後からもあり使い方も簡単ですよ。

アロマキャンドルやバスソルトを手作りしてみる

先にご紹介した入浴剤の中でもバスソルトは手軽に簡単に作ることができます。天然塩や粗塩、岩塩などすきな塩とアロマオイルを混ぜるだけです!入浴用岩塩なども売っており1000円以下で手に入れることが可能です。アロマオイルは、効能がたくさんあるのでこちらもご自分のタイプやお好きな香りで選んでみてください。アロマキャンドルも、100円均一で道具が揃えれて気軽に作れます。ロウソクを溶かして、クレヨンなどで色付けし、アロマを入れてまた固めるという作業です。アロマキャンドルは浴室を暗くして、バスタブに浮かべてみてはどうでしょう。幻想的でおしゃれなバスタイムを演出すること間違いなしです。

自宅を露天風呂風にしてみる!

洋風の家でもあえてバスルームに和風を取り入れてみたい、温泉が大好きだという方!だったら、自宅に露天風呂を作ったらいいじゃない!・・・ですが、そんなことできるの?もちろん、少しのリフォームが必要ですがバスタブのすぐ横に小さなベランダほどのスペースがあれば可能ではないでしょうか?露天風呂といっても外に出れるくらいの大規模な工事になると予算とメンテナンスが大変ですが、普通のバスタブの横に大きめの窓を作り、その窓の外に小さな庭を作るだけでお風呂にいながら露天風呂の景色を味わえるという設備はどうでしょう?なかなかご自分で作るのは難しいですが坪庭セットというものを使ってみるのもひとつですよ。下記画像参照 価格¥514080
tsuboniwa21

ベッドルームで癒される

%e3%83%99%e3%83%83%e3%83%88
寝ることが大好き!寝るのが一番の癒やし!という方は本当に多いと思います。人は、生きている人生の3分の2以上が睡眠であるといっても過言ではないくらいでしょう。一日のうち5時間から8時間くらいベッドルームにいると考えてください。ベッドルームというのは暮らしの中で一番癒やしを求められる場所でもあります。そんなベッドルームでの極上の癒やしをご紹介致します。

加湿器や消臭剤を使ってみよう

冬がやってきました。空気が乾燥する季節には加湿器ですよね!電気屋さんに加湿器のコーナーが儲けられていたり雑貨屋さんにおしゃれな加湿器が販売されたりと、多種多様な加湿器が売っています。部屋のどこに置くかによって加湿器の種類も選ばなくてはなりません。例えばベッドルームには、アロマタイプのもので香りがでるものがお勧めです。シーズンオフになると使わなくなることも多いので、小型で手入れがしやすく片付けやすいものを選んでみてはどうでしょうか?また先程バスルームのところで紹介したように使うアロマも加湿器用だったり好みの香りのものでも効能が様々あるので、少し勉強してから購入されるのをお勧めします。アロマについては後日、こちらのブログでもじっくりご紹介します!

照明器具にこだわりを

高級ホテルや高級旅館を想像してみてください。洋室では、白いシーツや大きなベッドそして、おしゃれな照明器具があります。和室では畳の香り、広い部屋の片隅に癒される照明器具があったりしませんか?
ベッドサイドで使用する照明器具は、光の強さをコントロールでき徐々に光を絞っていくことで気持ち良い眠りを誘ってくれるのです。寝る前に本を読めるくらいの明るさも欲しいし真っ暗に近いくらいの明るさで眠りたいなど自分のワガママを満たしてくれる照明器具を追求してみてください。

睡眠アプリで自分の眠りを知る

眠りに付くまでが長い、寝付きが悪いなどのトラブルを抱えている人が現代社会において非常に多いと聞いたことがありませんか?布団に入ってから眠るまでの時間、寝ているときの寝返りやいびきなどを測ってくれる携帯アプリがあるのをご存知ですか?上質な睡眠のためにそういうアプリを使ってみてください。自分がまず、何時間くらい睡眠しているか?深い睡眠に達するには何時間かかるのか?寝言やいびきも録音されている機能があるので気になるかたはつかってみてください。

上質な眠りのための音楽

睡眠には様々な脳波があると言われています。よく言われているのがレム睡眠、ノンレム睡眠ですね。聞いたことはあってもあまり気にしたことがないという方は多いと思います。浅い眠りから深い眠りに移行するときの用語のようですが、その時の脳波をアルファ派やシータ派などという呼び方で4段階に分けられているそうです。その脳波を刺激する睡眠時の音楽のポイントは、ゆったりとしたテンポ、歌声が残らない、小さめの音量などです。そういった睡眠用のCDも販売されているので探してみてください。延々波の音だけのCDもあります。リラックスは人それぞれなので色々試してください。

リビングで癒される

%e3%83%aa%e3%83%93%e3%83%b3%e3%82%b0
リビングといえば、家族が集まり笑顔があふれるというイメージですよね。職場や学校などでその日あった出来事を話したり、将来の夢を話し合ったり趣味や勉強さえもリビングで行うという家庭も多いのではないでしょうか?リビングで過ごした日々は後々の人生で大切な想い出になることをお忘れなきように。

おうちカフェはいかがですか?

最近流行りのおうちカフェという言葉をご存知ですか?家の中のインテリアをカフェのようにしてみたり飲み物をカフェのようなメニューにしたりと好みは様々ですが、日常を癒やし空間にするためのグッズがたくさん販売されています。忙しい日々でも簡単にできるコーヒーサーバーを置いてみたり、家なのにカフェメニューを実際に壁に取り付けてみたりするだけでおうちカフェの出来上がりです。それとは逆に夜になるとバーに変身!なんてお父様も喜ばれるのではないでしょうか?

リビング学習は学習意欲を倍増させる?

お子様が小学校にご入学されるとき学習机を購入される家庭が一般的です。もちろん、個人のお部屋に学習机があれば独立した心をもち時間割や整理整頓の習慣ができ、大切なことです。最近では、お母様が常にいらっしゃるリビングでの学習が子どもたちの成績にも影響されるとされています。なぜなら、勉強している姿を常にみてくれているから気軽に質問ができるから。などと理由は様々ですが、家族がいる部屋で勉強をするというそれだけで、成績が伸びるなんてステキですよね。リビングスペースにぜひ学習できるスペースをとってみてください。

テレビがおしゃれに変身!?

リビングといえば昭和初期の頃は、ちゃぶ台とテレビというイメージでした。  今では、ソファとおしゃれなテーブルでしょう。テレビもブラウン管から薄型のテレビに変わった時代ですが、やはりありきたりですね。さて、家庭用プロジェクターというのをご存知ですか?プロジェクターといえば会議!なんていうイメージはもう古いです!プロジェクターでテレビを見ることが簡単に格安にできる時代になりました。
もちろん、映画やゲームもできます。大型のテレビを買うのは何十万というお金がいりますが、家庭用プロジェクターでは9000円くらいから大型テレビと同じように映し出すことが可能です。もちろん、明るい場所や昼間でも見れるタイプのものに限りますが自宅の壁一面に映し出される映像はリビングの主役になること間違いなしです。窓に貼るタイプのものも販売されているので、眺望のない家や日当たりの悪い部屋に海や山の景色をプロジェクターで写してみるとそこは癒やし空間になること間違い無しです。

%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81
癒やしといっても、人それぞれの価値観や感じ方があります。
個人の部屋を持つことが難しい家でも、自分なりの癒やしグッズひとつでステキな癒やし空間ができるでしょう。筆者の家は、2階建ての戸建てです。隣近所がひしめき合う場所にあり日当たりはあまりなく窓をあけるとそこは隣の家が見えるだけ。ベランダに洗濯物を干すのも少しためらわれるような家です。いつか上記に書いたグッズを手に入れ、自分なりの癒やし空間を作るのが夢です。今実践していることが、手作りバスグッズと、寝る前のアロマ加湿器です。本当にお勧めですよ。また、眺望がまったくないため、近々プロジェクターを購入しようと思っています。
海と夜景が大好きなので、プロジェクターに夜景を写し、ベッドルームでお酒を飲む。それこそが私の最大の癒やしになることだと家族を説得中です。また、プロジェクターは持ち運びができるので夕飯を作りながらテレビを見たり景色を見たりも夢ですね。そうなればもっとおいしい料理が作れる!と信じて疑いません。ぜひ、皆様にもそういった癒やし空間のアイデアをご提供できればと思います。