リフォーム瑕疵(かし)保険制度

kashi_1リフォーム瑕疵保険制度というのは一般的に使われている「賠償責任保険」にあたる制度です。リーフォーム工事の内容・工事完了後に欠陥が見つかった場合に工事業者は約定された瑕疵担保責任に応じて補修や損害賠償をする必要があります。この責任に履行に要した費用を保険料から支払われるのがリフォーム瑕疵保険制度です。保険期間は工事内容によって1年から10年程度あり、この期間内であれば瑕疵が見つかった場合保険金が支払われます。工事業者が廃業・倒産した場合でも保険業者から補修に必要な費用が直接住宅所有者に支払われます。
この保険制度は国土交通大臣から指定された住宅瑕疵担保責任保険法人(保険法人)が販売する保険です。国土交通省ホームページ(リフォームかし保険
またこのリフォーム瑕疵保険に加入する際には建築資格をもった検査員が検査を行い合格しないと加入できません。通常現場検査が1~2回程度行われます。検査ですべての瑕疵が未然に防ぐことは難しいですが悪質な手抜き工事などは防止できることが期待できます。
kensaku

リフォーム瑕疵保険の種類

リフォーム瑕疵保険はすべてリフォーム工事業者が加入する保険で工事業者が営業中は工事業者に、倒産等の場合は発注者(消費者)に支払われます。対象となる工事内容や期間によって保険料がことなります。リフォーム瑕疵保険は大きく二つに分類されます。

マンションなどの大規模修繕

マンションは通常10年程度の期間毎に屋根の防水部分の改修や外壁の塗装など様々な修繕工事が必要となってきます。
分譲マンションの場合は管理組合、賃貸マンションの場合はオーナーが発注者となります。専門の修繕業者が工事を行うのですが大規模な修繕工事は修繕業者が保険に加入します。保険期間は防水、構造部分、設備部分は5年、さび止め工事については2年となります。

包括的なリフォーム

トイレ、浴室、キッチンといった水廻り設備や壁紙などの内装などに対応する保険です。リーフォーム業者が加入します。構造や雨水防水部分だけでなく工事対象部分すべての瑕疵を対象とします。10万円程度の免責金額が設定されますがこれより小さい額の軽微な瑕疵は対象外になります。保険期間は構造や雨水侵入防止部分が5年、それ以外の部分は1年程度になります。