リフォームとは

re『リフォーム』という言葉は改装・改修という意味で日本ではよく使われています。少しでも長く使えるように点検したり、不具合が出ているところ、もしくは将来不具合が発生しそうな場所を前もって補強したりする工事をさします。
リフォームは本来大きく分けて3つの種類に分かれます。「構造部分」「雨漏り防止部分」「内装・設備部分」のリフォームです。構造部分のリフォームは主に地震に対しての耐震改修やシロアリなどで弱くなった部分補修工事。雨漏り防止部分のリフォームは主に屋根や壁の補修工事で雨水が室内に侵入しないようにします。内装・設備部分リフォームは壁紙を張り替えたり、間取りの変更、トイレ、台所、お風呂といった設備のリフォームです。一般的に様々なリフォームを行う際は単独で行うより組み合わせて行う事が多いと考えられています。法令上「リーフォーム」という言葉に定義はありません。なので新聞や広告などで記載されている「リフォーム」という言葉に決まった意味はありません。これは既存の住宅の設備や内装などの仕様がきまっており不特定多数の消費者に宣伝しやすいしやすいのも原因の一つと考えられます。

色々なリフォーム

2近年リフォームと違って一棟あるいは住戸を丸ごと改修するリノベーションというサービスがあります。
これは古い住宅、構造、防水、内装、設備を全部補修し、ほとんど新しい住宅として作り変えることにより新築より安いコストでまるで新築のような住宅に生まれまわります。企業が手放した社宅や一戸建てなど買取したのちに耐震改修、オール電化、間取りの変更など変えて販売するといったビジネスもあります。
ではリフォームと建て替えのどちらがお得なのでしょうか?既存の住宅の一部を利用して必要な部分だけを新しくするリフォームはなんといっても新築より安くできるのが魅力です。大規模なリフォームでない限り数日で工事が完了します。仮住まいや引越しなどの必要がないことがメリットですね。
一方、建て替えは工事期間の仮住まいをはじめ建設費も高額になります。ですがその分、自分の希望や好みにあった住宅が建てられるのがメリットです。どちらがいいかは施主によってかわります。メリット・デメリットをよく検討した上で選択する事をお勧めします。

リフォーム事業者の基礎知識

リフォーム工事の内容によって価格は変わるものです。それに伴い請負事業者や設計する資格も異なります。リフォーム工事は建設工事となるので一定金額(500万円以上)に達した場合請負金額で建設事業許可が必要となります。また一定金額に満たない場合(500万円未満)は建設許可は不要です。木造戸建て住宅を増改築する場合には100㎠以下の場合は設計・監理には建築士の資格は不要ですが100㎠超の場合には建築資格が必要です。したがって通常のキッチン等水回りのリフォーム、ほかの戸の住戸を併せてマンション全体の半分を超える工事でなければ建築士の設計または監理は不要です。

a  b  c  d  e  f